転職を考えている准看護師さんにオススメの求人情報!

企業医務室の看護師として働く

企業の医務室でも看護師が求められています。 嬉しいことに日勤のみで働ける職場でもあるため、夜勤はちょっと…という方も検討してみましょう。

ただ、求人数が少ないということもあり、なかなか企業医務室の仕事内容などが想像できないという方もいるかもしれません。 そういった方のために具体的な仕事内容や給料についてご紹介しましょう。

まず、企業の医務室で働く看護師は一般的に産業看護師と呼ばれることが多いです。 看護師として採用されるというよりも社員と同じような形で雇用されます。

企業の労働者数によっては医師が1名、または2名選任されることになっているのですが、看護師の場合は必ずしも配置しなければならないというわけではありません。

ただ、医師は非常勤扱いとなり、常勤で看護師を雇っている企業が多いのです。

具体的な仕事内容は社員の健康維持や管理だけでなく、具合を悪くした社員への応急処置や急なけがなどの対応も行います。

衛生管理を担当することもあるため、そこで働いている社員が健康的に仕事をするためにも欠かせない存在だといえるでしょう。

近年、企業の看護師に求められる役割というのは非常に大きくなっています。 中でもメンタルヘルスケアが重要視されているため、コミュニケーション能力に長けている方のほうが企業の看護師に向いています。

気になる給与についてですが、平均すると年収400万円台後半となるようです。 思っていたより高いという方もいるかもしれません。 これは、看護師を置くような医務室を設置する企業は大きなところがほとんどであるため、経営が安定しているというのも大きな理由です。

企業の看護師として働くことにより、ゆったりとした勤務時間を過ごすことができるでしょう。 慌ただしく走り回る病院看護師とは違い、企業の医務室で働く場合には予防医療が基本的な仕事となります。

そのため、働く時間帯も毎日同じで規則正しく、ほとんどの企業では休日にしっかり休みを取ることができるのです。 メリットの大きな職場ともいえるので、ぜひチェックしてみてください。

↑ PAGE TOP