転職を考えている准看護師さんにオススメの求人情報!

看護師と過労死の問題

近年、慢性的な看護師不足が原因となり、看護師の労働環境は非常に過酷なものとなっています。看護師の過労死も増えてきており、実際に過労死が起きた職場で働き続けているという方も多くいらっしゃるようです。

しかし、そういった職場で心身の健康を保ちながら働き続けることは困難です。職場が原因で体調に悪影響がでそう……。そういった不安や悩みを抱いている場合は、転職を視野に入れた対策を行うことが必要だと言えるでしょう。

看護師の仕事は、労働環境が厳しいだけでなく、多大なストレスを抱えて業務を続けることとなります。そのため、長期にわたって体調を崩す、といった経験を持つ方も多くいらっしゃいます。また、医療現場は常に人不足のため、体調が悪くても「自分が休んでは他に迷惑がかかる……」と考え、無理を重ねるというケースも少なくありません。

そのため、自分はまだ頑張れる、大丈夫だと自分に言い聞かせながら業務を続ける看護師が、ある日突然倒れて過労死につながってしまうという、痛ましいケースも増えてきています。また、体調には問題がないが気付かないうちに大きなストレスを抱えてしまい、うつ病を発症するという方も非常に増えてきています。

しかし、一方で心身共に健康で、毎日楽しく看護師として働いている方も一定数存在しています。自分の労働に見合った報酬を得て、仕事にやりがいを感じながら看護師としての責務を全うしている人も、勿論いらっしゃるのです。こういった看護師と、過労死をしてしまう看護師を分けるのは、やはり「勤務先の差」という事となります。

就職をした以上、就職先の労働条件や雇用条件、服務規程にしたがって業務を行う義務と責任があります。しかしながら、自分自身のキャパシティを超える業務を行ったり、理不尽な環境に身を置く必要はありません。

心身に問題や異変が生じた場合には、職場環境を客観的に見直し、転職を検討することも重要なのです。最近は、無料で利用できる看護師求人サイトや転職支援サイトも多数存在しますので、日頃から活用しておくのも良いでしょう。

↑ PAGE TOP