転職を考えている准看護師さんにオススメの求人情報!

看護師が人間関係を解決する方法

人間関係が上手くできない看護師や「先輩」「後輩」「同僚」「部下」との付き合いに悩んでる看護師は、とても多いでしょう。 あなたも悩んでいるのかもしれません。

ここでは、看護師が人間関係を解決する方法をご紹介します。 悩みの程度は個人個人違うでしょうが看護師に限らずに世の中には苦手意識がある人がいるのは当然です。 看護師が勤務する現場は「患者様の命を守る業務で積極性や責任感が強い人が集まる」特徴があります。 チームワークが重要視されるので「苦手だから付き合わない」なんて選択肢はないです。

あなたが苦手意識を持っている人物は大抵職場の大半が「苦手だ」と感じているケースが多いです。 医師や上司への愚痴をこぼせば、ほとんど似たような意見がでてきます。 たとえば、苦手な医師のタイプは「やつあたりしてくる」「ねちねちと粘着質」「感情的になる」などです。

こういった特徴は苦手な上司や先輩にも該当します。 また「口だけで行動が伴わない」「噂が好き」「自己中心型」「上から目線でモノを言う」「嫌味が多い」などもあります。 後輩への愚痴になると少々傾向がかわってきて「すぐ泣く」「言葉遣いができていない」「挨拶ができない」「ふてくされる」「無反応」などが挙がってきます。

では、こういった苦手な人たちにはどういった対策が良いのでしょう。 「必要な会話だけする」「仕事だと割りきる」「指摘されないようにしっかりと仕事をする」「必要最低限度の付き合いにする」ことでしょう。

あなたが苦手意識を持っている場合は相手もあなたを苦手だと思うケースが多いです。 あなた自身から改善策を講じていくと改善するかもしれません。 「自分から話しかけてみる」「挨拶をキチンとする」など苦手意識を改善する方法を試すことが最優先でしょう。

以上、看護師が人間関係を解決する方法をご紹介しました。 けれども、人間関係を改善する方法は自分で努力しても相手が変わらなければ、継続性に限界を感じてしまうでしょう。 「業務に支障がでる」とか「これ以上付き合えない」と感じた場合は<転職>を考えてもいいのではないでしょうか。

↑ PAGE TOP