転職を考えている准看護師さんにオススメの求人情報!

リハビリテーション科看護師の仕事内容と特徴

近頃、看護師の中で人気がでている診療科目の一つがリハビリテーション科の仕事です。 患者様がリハビリをしていく場合にも看護師の存在はなくてはならないものです。 ここでは、リハビリテーション科で勤務する看護師の仕事内容と特徴を解説いたします。

リハビリテーション科の看護師は一般的な看護業務をしながら、同時に患者様のリハビリのサポートをしたり自発的にリハビリをする患者様のお手伝いをします。 患者様が体の介助や移動を効果的にできるように運動や体の動かし方の経験や知識を身につけなければなりません。

歩行や立ち上がりなど以前は当然出来ていたことが急に出来なくなってしまって苦しんでいる患者様も多いです。 リハビリのサポートをしながら辛抱強く患者様のメンタルケアにも努力をしなければなりません。 そういった経験はリハビリテーション科の看護師のスキルアップに繋がることでしょう。

メインの仕事は一般的な看護業務の他「患者様の身体介助・移動」「リハビリの手伝い」などですがメンタルケアは欠かせないということです。 リハビリテーション科がクローズアップされたのは比較的最近のことです。

看護師の人数はさほど多くはないですが人気があります。 それはリハビリの重要性が社会的にも認められてきたからでしょう。 積極的にリハビリの現場に看護師を投入する医療施設も増えてきています。

待遇や給与水準も他の科目よりも良いので仕事を続けてさえいれば給与もどんどんアップします。 年収をアップしたいからリハビリテーション科を希望する看護師も多いです。 これまで学んだ看護知識をフル活用できる場所としても最適だと思います。

常に患者様のお側でリハビリに関わるということではないですが、看護師が治療したり訓練をしたりする必要がある患者様もいます。 患者様の生活を支えていくこともリハビリテーション科看護師の大切な役割のひとつです。

看護業務の中にもリハビリ要素がたくさんありますから、リハビリのことまで考えられる看護師の方が向いているでしょう。 患者様ひとりひとりに適している介助を場面場面で臨機応変に対応するフレキシブルさも要求されます。

↑ PAGE TOP