転職を考えている准看護師さんにオススメの求人情報!

職場毎の看護師の給料水準と良い条件のところへの就職

多様化する時代が進むことによって従来の病院勤務にこだわらず、自分のライフスタイルを重要視した働き方を模索する看護師も多くなってきています。 子育て世代のママさんナースは土日祝日が休みの職場にシフトしてきています。

介護分野の有料老人ホームも注目の職場です。 大手企業が参入してきており福利厚生も充実して働きやすさが注目されています。 現に高級有料老人ホームの求人は、すぐに募集枠が埋まってしまうようです。

勤務先や働き方や業務内容により給料水準は違って当然ですし、夜勤専従や交代制勤務の場合は高くなります。 土日休みの職場や非常勤勤務の看護師の給料は少なくなります。 このページでは職場毎の看護師の給料水準と良い条件のところへの就職について説明します。

県立病院や市立病院など公立病院の場合は約380,000円、国立病院で約351,000円、大学病院や日赤など公的病院の場合は約344,000円、それ以外の一般法人では約330,000円、医療法人で約307,000円、個人病院で約293,000円というデータがあります。

国公立病院や公的病院が上位を占めているのは予想通りでした。 ではこういった病院はどのように就職できるのでしょうか? ハローワークでは規模が小さい病院求人はたくさんありますが、人気がある病院やクリニックの求人はあまり見かけません。

実際に国立系や公立系の病院が求人を募集しているのは<看護師専門の転職サイト>だからです。 条件が良い求人は応募数も、とても多い数になり書類選考するだけでも大変な作業になります。 だから病院側は面接まで人材選考をしてくれる看護師専門の転職サイトに求人を依頼するのです。

看護師の転職は旧来の専門雑誌やハローワークを使った転職活動からインターネットを使った看護師専門転職支援サイトを利用するように変わってきています。 しかし悪質サイトや業者も多く見られ、強引な勧誘でのトラブルも報告されています。

常に募集をしているような病院しか取り扱いがなかったり、強引に転職を進めてきたりします。 また希望条件と全くことなる求人先を紹介したりと、サービスの品質にはかなり開きがあるようです。 看護師専門の転職サイトを選ぶ場合も注意が必要です。

↑ PAGE TOP